医薬品で薄毛治療

ミノキシジルには副作用はあるのか

薄毛治療の中でも医薬品を使った治療は特に費用も安く抑えることができ、気軽に続けられるものとなっています。そして医薬品の場合はどんなものでも副作用はありますので、長期に使うとなると不安に感じる人もあるのではないでしょうか。頭皮に直接つけるタイプの薬ではミノキシジルが有名です。ミノキシジルは血行を促進させる効果があり、頭頂部の薄毛の改善に役立つ薬です。ミノキシジルはもともと高血圧の薬として利用されていましたが、使っている人に毛が増える副作用が出たことから育毛対策にも利用されるようになりました。飲むタイプのミノキシジルでは副作用としては多毛や低血圧が起こる場合もありますが、頭皮につけるタイプならそれほど心配はないと言えます。

薬の効果をあげるために

ミノキシジルは正しく使えば安全性の高い薬です。単体で使われることもありますが、男性型脱毛症では内服薬であるプロペシアもよく処方されており、併用することでさらに良い効果が得られるとされています。いずれの場合も医薬品ですので、正しい使い方をすることが大切です。早く効果を出したいからと過剰に利用したりせず正しい量を守り、正しい使い方をすることで副作用のリスクを抑えることができます。もし薬の使用で体調や皮膚に変化を感じた場合は早めに医師に相談しましょう。薬の効果はすぐに現れるのではありませんので、根気よく使っていくことも大切です。薬を長期に使っていても良い改善が見られない場合は別の治療方法を試してみると良いでしょう。